日本万馬券研究所

しんがり新聞社のギャンブル班がお届けする競馬と闘う漢のドキュメンタリー。独自のスピード指数である「しんがり指数」でJRAに立ち向かう! いつの日か10億円勝負するのが目標である!

競馬のヒント(本命党か?穴党か?)

競馬ファンの間でよく議論される話題の一つに「本命党か?穴党か?」というのがありますけど、あなたはどっちですか?


結論は「自分の金なんだから、どう使おうと勝手だろう!もしも、お前の言う事を聞いて負けたら、お前は損失補てんをしてくれるのか?」って話なんですけどね…(^^)


しかし、競馬で儲けようとするなら結論は違ってきます。「どっちがより儲かる可能性があるか?」と言われたら…


本命と穴の定義が難しいのですが、ここでは馬連1000円台、3連単10000円台以下とします。どちらも出現回数も多く、あなたの当たった経験が多い事でしょう。実際、競馬の4割がこれ以下の配当です。


しかし、問題はこの安い配当を何点買いで当てたか?です。例えば、馬連500円の配当を、10点買いで当てたとしても自慢はできませんよネ。 


場外馬券売り場に行くと「そのまま、そのまま!やった取ったど!」と騒いでるジサマが必ずいますが、彼らの9割はトリガミ(当たったのに損してる)です。まぁ、これも競馬の楽しみ方の一つですから否定はしませんけどね。


要は、あなたはいくら投資して、どんだけ回収したかの問題です。本命党だろうが穴党だろうが、儲かっているなら問題ありません。そんな馬券上手な方は、こっちが恥ずかしいので即退場してくださいな…(>_<)


…で、普通の競馬養分の人種の方に質問です。「通常は何点買いですか?当たった時の平均配当はいくらでですか?」去年の所長には酷な質問です。何せ、片手も当たらかったのですからね…(T_T)


例えば「いつも5点買いで、平均配当は1000円だ!」と言う方、大変優秀な人材ですね。しかし、質問は続くのです。「あなたの馬券は何回に一回当たりますか?」と。


「毎回当たります!」と豪語できる方がこの報告書を読んでいるはずはありませんね。「3レースに一回は当たるぞ!」なら現実的ですけど、この場合には当たった時は回収率が300%なくては競馬で儲かったとなりません。


例えば、馬連5点均等買いなら1500円以上の配当が必要であり、3連単均等60点買いなら18000円以上の馬券を当てる必要があります。馬連はともかく、3連単で例え60点買いをしたとしても3回に一回18000円の馬券を当てる事は不可能ですよね。


3回に一回当たる天才でさえこの有様ですから、5回に1回しか当たらないあなたはもっと高配当を当てる必要があるのです。


つまり、勝率が高い人ほど本命党で構わないのですけど、勝率が低い人は穴党として常に一発逆転を狙わないと死んでも儲からないのです。


あなたが本命党を自負するなら4割ある本命サイドのレース8割を当てて下さい。つまり、3回に一回は必ず当てないといけません。その上で、平均回収率300%以上になる様に馬券を買って下さい。これが本命党に

課された宿命です!


馬連3点買いで1000円前後の馬券を3レースに1回当てる!」これが出来るならあなたは本命党として威張って下さい!あなたは競馬の天才です!


如何ですか?本命党として競馬で儲ける事が如何に大変か分かりましたか?本命党の人は、年間回収率70%以上あれば威張って良いと思います!しかし、本命党が年間収支でプラスになる事は非常に難しいのが現実なのです!


但し、方法が無い訳ではありません。年に1回か2回「これは絶対だ!」と思うレースで、いつもの100倍の大勝負をするのです。この勝負に勝ちさえすれば、年間収支を黒字化することは可能です!


まぁ、この勝負に勝つと大抵の人は気が大きくなって大した根拠も無く同じ様な大勝負を仕掛けて負ける運命にあります。これを辛抱出来るかどうか?あなたの人間性が問われます!…(^^)


…という訳ですから、本命党の人が競馬で儲けるのは非常に難しい!と言わざる得ません。固いレースを選ぶ目と高い自制心がないとほぼ無理です。



そうです。競馬で儲ける為には「穴党」になるしかないのです。


先日とある予想屋さんのサイトを見ていたら大万馬券を的中させた様(会員でないので、本当に馬券を買っていたかどうかは不明ですが、予想が当たった事は本当だと思います)で大喜びしていました。そりゃそうです。この1年半以上回収率が80%台のが、この一発でなんと黒字化したのですから…^ - ^


まぁ、この予想屋さんが今後どうなるかは分かりませんが、この様に「穴党」には常に一発大逆転の夢があります!本命党の人はある程度負債が膨らむと、もう諦めなければならないのですが、「穴党」には最後の最後まで夢があるのです!


そう、1年の収支をプラスにするには「大穴狙い」しかないのです。間も無く夏競馬も終わり、今年も後4カ月しかありません。あなたの今年の負け額はいくらなのか?確認して下さい。そして、そのマイナスをプラスにするには何本の万馬券を的中させる必要があるのか?


もう、これ以外あなたに残された道は無いのです!さあ、万馬券目指して頑張りましょう!

 



競馬で200万円儲ける!一番簡単な方法

日曜夜にネットをウロウロしていると、あるレースで200万円儲かった馬券がアップされていました。馬連1点25万円と同じ買い目のワイド1点25万円で合計50万円の馬券。両方1番人気でしたが、この馬券は250万円に化けたのでした。


ネット世界では高額当たり馬券の99%が「ねつ造馬券」ですから、最初は信じていなかったのですけど、暇だったので過去ログを遡ってみると、彼はただの会社員らしく趣味は競馬とパチスロ。競馬の予想を発表し儲けようとしている様子もなく「今日パチスロで8万負けた!」とか「今晩の夕食」と書いてラーメンや定食をアップしたものや会社の愚痴が大半…競馬は週に1レース程度でメイン中心に本命サイドにドカンと賭けるスタイルでした。そして、一月前にも100万円以上儲けてた模様…。


うーん、彼は破滅型の人生を完全かつ順調に歩んでいる人物です。「馬券ねつ造」をして人が驚く様を見たい訳でもないようです。多少自慢したい傾向があるようですが、それは当研究所も同じですからね…(^_^;)


そして、お金持ちの彼は「七夕賞」で36万円を賭けた模様です!そして、予想通り負けました…(@_@)

当研究所としては、彼にはもっと儲けてもらい「1000万勝負」して欲しい思っています。小心者の当研究所には出来ない事ですからね!ガンバレS君!


そう、彼の予想スタイルが何かは分かりませんが、彼の馬券を買う姿勢は評価しなければなりません!


当研究所は、原則として3勝クラスとオープン戦だけを予想して、万馬券を狙い荒れそうなレースだけを買う様にしていますが、彼はもっとレースを厳選して、そこに集中投資をしています。これは見習わなくてはいけません!


大抵の競馬ファンと競馬予想屋は多数のレースを買います。本当に自信があるなら月に1レースだけやれば良いのです。彼の様に1番人気の馬連とワイドに50万円賭ければ良いのです!当たるなら、これだけで充分楽な生活が出来るはずです!年金を当てにする老後なぞクソ喰らえです!…違うでしょうか?


しかし、普通の人間にはこれは出来ません!当研究所の所長も一度だけ「50万円勝負」をした事があるそうです…結果は皆さんの予想通り…

それ以来、所長の最大勝負は5万円になり、今ではせいぜい2万円止まりです。これが現実です…あの時当たっていたら今の所長は存在していないでしょう…(>_<)


まぁ、ユウチュー◯には単に目立とうとしてバカ買いをしている輩がいますが、彼らの番組は1年と持たないでしょう!どんなに運が良いても、半年がせいぜいです。


また、競馬予想屋の中には毎年回収率が100%を超えている人もいますが、それは回収率が落ちたので大穴狙いに切り替えて、それがまんまと成功したに過ぎない場合が結構あります。馬券をいっぱい買う程、回収率は100%から下降して行くものなのです。(例外も一つありますけど、それには大量の資金が必要でして…)


…という訳で、皆さんもS君目指して頑張って下さいネ!…(^○^)



阿武隈Sの予想

f:id:marubou3:20190706031938j:plain

今日の3場のメインは全て3勝クラスのレースですが、このレースだけがハンデ戦。頭数は8頭と手頃ですが、6頭が単勝10倍以下(東スポ予想)の大混戦の様相を示しています。


何度か書きましたが、小頭数のレースはガチガチか大荒れかは半々!ならば、大荒れに賭けるのが当研究所のスタンスです。


但し、闇雲に穴馬を買う訳ではありません。7番人気のプレミオちゃんですが、2走前は逃げてクビ差の3着、指数99で走っています。前走は逃げられずに大敗して人気を落としていますが、今回は2走前と同じ柴田大に戻して逃げ宣言。ハンデ52キロならここでは十分に戦えます。


問題はもう一頭の逃げ馬ティソーナ君ですが、小頭数で無理な先行争いはしないと思われますから大丈夫でしょう(希望的観測)…(^-^;


他馬も最高指数102であり、ハンデ差と人気の無さから大仕事をしてくれる可能性は大なずです!


◎プレミオちゃん

△2.5.6.8

予想屋料金の新基準

当研究所の全ての予想は完全無料で行われていますが、世の中には多くの有料予想サイトが多数存在しています。


当研究所の予想はたまに(NHKマイルとかダービーとか)しか当たらないので、有料にするなぞとんでもない話なのですけど、当研究所以上に当たらない(当たってもトリガミ)なのに有料なのにはビックリです。


まぁ、当たらなければ・儲からなければ、そんな有料サイトは当然会費が集まらず淘汰される運命にあるのですけど…刺激的な如何にも実績があるような広告に騙される方にも問題があると思いますけど…(^-^;



問題は、現在の有料サイトの料金体系にあるのです。


そもそもが競馬の予想が当たると自信があるのなら、その当たり馬券を他人に教えて自分の配当を下げる愚を犯すバカはいません!


競馬雑誌等には毎月のように各種の競馬必勝法が発表されていますが、雑誌側としては雑誌を売らんが為に「大穴を当てた!」「これなら儲かる!」と刺激的な文言を並べていますけど、確かにたまには当たるんでしょうけどトータルで一年以上儲かる必勝法に出会った試しがありませんし、聞いた事もありません。


しかし、私の知らない何処かに競馬必勝法は存在するのかもしれません。だとすると、それに対してお金を払ってその予想を買うのは有りなのでしょう。


ならば「自分こそ競馬必勝法のプロであり、わずかな対価でそれを教えてあげたいあるよ!」と言う奇特な人がいるとしたら、後払いの有料サイトにして下さい!…(≧∀≦)



そこで、当研究所が遠い将来馬券がガバガバ当たる様になった時の料金プランを発表します。


①初期登録料金

1000円(10ポイント付き)

②ポイント消化制度

(1)予想サイトは、必ず買い目と投資金額を提示する事とする。

(2)予想サイトの予想が当たった場合で、尚且つ、回収率が200%を超えた場合のみポイントが消化される。

(3)消化されるポイントは、回収率によって変動する。

・回収率200%未満→P消化無し!

・回収率200〜299%→3P消化

・回収率300〜399%→5P消化

・回収率400〜599%→10P消化

・回収率600〜799%→15P消化

・回収率800〜999%→20P消化

・回収率1000%〜→30P消化

③追加登録料(会員の勝ち逃げ予防の為に、予想が当たった翌週から最低1月は登録料が高騰する!)

・最低2000円から無限大(10P付)

④ポイント購入代金

・1000円(10P)

・2000円(22P)

・3000円(35P)

・5000円(60P)

・10000円(130P)

                                      以上


如何ですか?これなら会員の皆さんも満足出来るのではないでしょうか?


しかし、最大の問題点は当研究所の予想がバカバカ当たる様になるかどうか?…うーん、難題です!…(^-^;

夏競馬の「ヒ・ミ・ツ」

宝塚記念が終わると世間では「夏競馬」となる様ですが、残念なことに当研究所はこの「夏競馬」に良い思い出はございません。よって、ここ10年以上は「札幌記念」以外は完全見送り…冬眠ならぬ夏眠を決め込んでいました。


何故か?…ご想像の通り、全く儲からないからです!(T-T)…当たらない訳ではないのですが、当たるのは本命サイドのレースだけ…ちょっとでも荒れると全くダメでした。


ともかく「夏競馬」は私のスピード指数と相性が最悪でした!…ですから、夏眠するのは必然だったのです。損を承知で馬券を買う程、お金を持ち合わせていない貧乏人の自己防衛策でした。


ですから、今年の夏も自信がある訳ではありません。かと言って無策で臨む訳ではありません。

「何故、昔は全然ダメだったのか?」

ある程度察しはついています。私も多少は進歩しているのです!…(^_^;)…ホンマかいな?



夏競馬でよく言われる格言に「夏は牝馬を買え!」「夏は高齢馬を狙え!」というのがあります。一説によると牝馬は暑さに強く、高齢馬は暑さに慣れているからという話ですがマユツバ物です!


牝馬にしても高齢馬にしても、冬から春にかけて二桁着順を繰り返していた馬が、夏競馬ではまるで別の馬ではないのか?と思うほどに活躍するのです!こんな馬をどうして買えるでしょうか?


実際、日曜日のCBC賞では7番人気の7歳馬が2着、巴賞では13番人気の8歳馬が勝ってしまいました。どちらも10ケ月以上勝つどころか馬券圏内にさえ入っていなかったのにです!…困ったもんですネ…(^-^;


しかしです。この2頭にはある共通点がありました。これこそが夏競馬の秘密なのではないでしょうか?


もしも、この仮説が正しいとすると牝馬が夏競馬に強い訳も同様に説明がつきます。牝馬にしても高齢馬にしても、夏だから急に強くなった訳ではないのです。元々の能力は変わっていないのですが、その能力が夏競馬に合っていただけなのです!


もう分かりましたネ!そうです、正解です。さすがに当研究所の研究生の皆さんは優秀ですね!…(^-^)


もうこれで夏競馬は楽勝です!

ただ単に牝馬だから高齢馬だからではない「夏競馬のヒミツ」を知ってしまったあなたはもはや「夏競馬の名人」です!

大いに儲けて下さいネ!…*1



あれっ?なんか不満顔の人がいる様ですけど…うん?もしや、感の悪い生徒さんが…まぁ、気のせいかなぁ?…じゃあ、皆さん頑張って、この二頭の共通点を見つけて下さいネ!

*1:o(^∇^)o

250万馬券への道(アハルテケS)

最初に白状します。

「今回は無理です。250万の壁は思った以上に高かったです!」


しかし、せっかくわざわざ遊びに来て頂いたので、ちゃんとお土産はおf:id:marubou3:20190624033847j:plain

渡したいと思います!…↑はアハルテケSの指数です。拡大して見て下さい。


1着の3番ワンダーリテールは4番人気でしたが、指数は113で1位でしたから、これは買えます!


2着の10番サトノアッシュは6ケ月の休養明け後は二桁敗戦続きで、これが嫌われて人気がありませんでしが、4戦前は不良馬場で勝っており、この時の指数は109で、今回レースでは同率5位ですから、体調さえ戻っていたら十分に戦える戦力はあった事になります。


そして、今回のお土産です!

ダートでずっと走っていた馬が、何故か急に芝レースを使って大敗した次走にまたダートに戻った時は、狙い目になります。

「あーあ、この前は急に芝生の上を走らせられて、走りにくいったらありゃしない!今回も芝かな?イヤだなぁ…あれっ、今回はいつもの砂だ!なんて走りやすいんだ!!」

と思って、いつも以上に気持ち良く馬は走ります。(多分…)


これは冗談じゃありません。この反対にいつも芝を走った馬がダートで大敗後に芝レースで激走するケースもよくあります。これは、ショック療法の一つで、いつもと違う所で過度のストレスを与えて、次のレースでそれを解放する事により馬の気分を高める方法だと思われます!


まぁ、成功率は半分程度ですが、大敗続きの馬がこれをすると当然人気が全くありませんから、成功した時の効果は絶大です!覚えておいて損はありません!ほらっ、今回も馬連33490円の万馬券が簡単に買えた?のですからネ!…(^。^)



さて、話は元に戻ります。次は3着馬ですけど、去年の8月以降、2回の休養を挟みながらずっと二桁敗戦。その前は格下戦を勝っていますから指数的には105の能力はあったはずですが…その後は見る影もない!


今回と同じ重不良で2勝しているのは好感は持てますが、それ以外に買う要素が全く無い!完全にお手上げです!参りました!


ただ一つ気になる点は、この馬の名前です。「ノーブルサターン」悪魔👿君なのですが、昔「村正の妖刀」と言う馬がいてこいつもとんでもない超大万馬券(970万馬券)を演出していたのです!

怪しい馬名の馬が最低人気になった時は注意が必要なのかもしれませんネ!…(@_@)



うーん、さすがに250万馬券は難解です!頭のおかしい当研究所にしても無理でした!まぁ、こんな事もありますけど、日本万馬券研究所はこれにめげずに万馬券の研究を行っていきますから、期待しないで眺めていて下さい!お願いきます🤲

158万馬券への道(花のみちS)

当研究所の所長は「競馬の最大の楽しみの一つは、外れたレースの反省会だ!」「当たったレースは反省会が出来ないから、損した気分になる!」とおバカな事を言っておりました。


しかし、そんな所長も「じゃあ、158万馬券の反省会しますか?」と言われると「うーん…」と唸っておりました。「だって、予想もしてないレースをレース後に検討するっておかしくないか?」「あはは、怖いんですか?」「イヤ、そんな事を無いけど…時間の無駄じゃないかなぁ?」「無駄かどうかは、やってみないと分からないですヨ!」「そりゃ、そうだけど…」「じゃあ、よろしく!」「あっ、行っちゃった…くそっ、宝塚が指数通りで決まったから、これで暇潰ししろって事か?仕方ないな…」


「花のみちS」阪神ダート1200m(3勝クラス)16頭立てのレース


各馬の指数は、98〜105。ダート3勝クラスとしては低レベルの一戦。逃げ先行馬が11頭に対して、差し追込み馬は5頭のみ。短距離戦でハイペース必至!


…で、実際のレースでも1番馬が大逃げを打って、先行各馬がそれに続き、追込みの3頭が後方をトコトコ付いて行く展開。


…で勝ったのは、前走大敗して今回は初ブリンカーだった14番人気の15番馬(指数100)。5番手追走も内枠の逃げ馬が過度な先行争いをする直後に付けて、この馬に丁度良いペース+ブリンカー効果で勝ち切る!…人気は無かったが初ブリンカーには注意が必要って見本かな?


2着は、勝ち馬の直後にいた指数105(1位)の1番人気馬。武豊がペースを完璧に読み切って追走したが、まさか15番馬がこんなに粘るとは!って感じかな?


まぁ、ここまではレベルの拮抗したレースである事と初ブリンカーが怖い事を知っていればなんとかなる!これで馬連万馬券なんだから、かなり美味しいレースだった!と言える。まぁ、終わった後だから簡単に言えるんだけどネ!…^_^


問題は12番人気の3着馬。うーん、こいつは難しい!過去6戦共7着と8着を繰り返す馬…前走も7着ながら着差は0.3秒。調子は上向きでも指数は99。馬券圏内に入れるにはまだ弱い!あっ、牝馬で斤量差2Kgあるから指数は102だ!


悪くはないが、もう一押しないと馬券は買えない!…うーん、困った…(そしてが1時間以上が経過…)

うん?馬体重が…違うな…おっと、これは…はほーっ、こいつはあいつと同じじゃないか!?そう言う事ネ!あはは(^ ^)


やった!100万馬券への道が拓けた!うーん、この反省会は無駄ではなかった!よかったネ!…(^_^)v



えっ!?意味不明だって…うーん、どうしようかなぁ…これは立派な企業秘密だからネ!タダで教える訳にはいかないなぁ…158万馬券の秘密だから「100万円」だネ!…(≧∀≦)キャー!悪徳!


知りたい方は、100万円用意してコメント欄に記入して下さい。まぁ、いないと思うけどね!…(^_−)−☆


尚、次回は「250万馬券への道(アハルテケS)」です!日本万馬券研究所はこの謎を解明できるのでしょうか?